この先の教育費~2人分の大学費用を準備する~ 

2018, 06. 16 (Sat) 06:51



先日こういうことを書きましたが・・・

大学進学に向けての長女の方向性がある程度決まったので、

この先の教育費がどれくらい必要なのかを見通せるようになった我が家。


先日サラッと書きましたが、

長女の希望する学部での4年間でかかる費用は、約700万。

凄い金額です(;゜0゜)!

が、覚悟は決めました。

とは言いつつ・・・長女にかかる分、こりゃ次女には頑張って国公立に行ってもらうしかないな、笑。


幸いこの先の2人分の大学費用、1500万程をもう準備済みの我が家。

(18歳満期の2人分の学資保険も入れてです)

子供達がどういう選択をしても慌てなくて済むようにと、

私立の理系というあえて費用のかかる方を目標に設定して、

一人700万くらいを目途に準備するつもりでいました。

これよりかからなければラッキーだな♪くらいの感覚で。

ラッキーどころかこれよりかかってくることがわかったわけですがΣ( ̄。 ̄ノ)



だけどたとえ国公立に行ってもらえるとしても、県外だと下宿代もかかります。

長女は私立の選択をしましたが、自宅通学ができるので生活費はかかりません。

どっちもどっち。

結局どういう選択をしても莫大なお金が飛んでいくというわけですねw( ̄o ̄)w



ある程度の準備ができている分、教育費に対しての焦りなどは特にないのだけど、

お金かかるなぁ・・・・とその金額にはやっぱりびっくりします。


だけど、子供達には望む教育を受けさせてあげたい。

親としてできる限りのサポートをしてあげたいなと思うのであります。



次女が大学へ進学するまでのあと5年間の間に、

もう少し教育費として貯めることができたらなと思います。

とは言え現在の貯金のペースはかなり緩やか。

少しでも余裕があるとすぐ株を買っちゃってるので、

貯金はあまり増えていない状態。

(投資に回しているだけなのでまぁいいのですが・・・)


私立の理系&下宿、

こうなると半端ない金額になってしまいますが・・・

そうなっても慌てずに済むように、もう少し準備できたらなと思います。






応援して頂けると嬉しいです



スポンサーサイト

子供が小さなうちから教育にはお金をかけていた我が家の現在は・・・ 

2018, 05. 31 (Thu) 06:27



我が家は子供が小さな頃から、

比較的子供にはお金をかけてきた方かな…と思います。


2歳から音楽教室に通うようになり(最初はリトミックから)、

幼稚園に入るとバレエも習い、英語教室へも通い始めました。

夏休みや冬休み春休みなどに、短期でスイミングも。

通っていた幼稚園も少々お月謝が高めのところでした。

(気に入った幼稚園がそうだったので仕方なかった・・・)


ちなみに姉妹2人には全く同じことをさせています。


たまに、子供が小さいうちはあれこれ習い事などさせない方が良い

などという根拠のない?発言を耳にすることがありますが、私にはさっぱり意味が分かりません。

よその家庭の教育方針や経済力の心配はいいから!といつも思ってしまいます(=∀=))




小学校に入ると習い事はピアノと英語のみに絞りましたが、

そのピアノのお月謝が結構な額となっていました。

(長女は、個人ピアノの他にアンサンブルや作曲など専門知識も学んでいたので)

2人で4万円は超えていたんじゃないかな。

だけどその分幼稚園のお月謝がなくなったので、

いうほど教育費は膨らんでいなかったと思います。


そして小学校後半に入ると中学受験塾へ通うようになり、

ここで教育費が一気に跳ね上がります!


2人の塾が重なった年が一年だけあったのだけど、その時はハンパなかった、笑。


それを乗り越え現在に至ります。

現在も2人分の私立の学費はかなり大きな負担となっていますが、

とりあえず長女の中学3年間の学費は無事終わったので、

今は次女の中学の学費と長女の高校の学費。

一つ一つクリア!というところですね(*ノ∪`*)



現在我が家は月に約12~13万円程の教育費がかかっています。

(学費とピアノ)


しかしながら教育費のピークはこの後にきます!

今までこれだけお金を使ってきたというのに、

もっとお金がかかる時期がやって来るなんて・・・

もう笑えてきます(=∀=)


我が家は2人を育てるのが限界ですねぇ・・・。

3人も4人もお子様がいるご家庭なんて私にとっては未知の世界!

単純に教育費は3倍、4倍ですもんね。

すごいことです。



教育費はかかりまくりますが、

子供を育てるってそういうことなんだと割り切って、

一つ一つ楽しみながらクリアしていきたいなと思います(*^。^*)





応援して頂けると嬉しいです








お金はいくらあってもいい!次から次に出ていく教育費にそう思う(〃▽〃) 

2018, 04. 17 (Tue) 07:40



先日高校の授業料について書いたばかりですが、

またまた教育費関係のことを(゚∀゚)


この春高校生になった長女なのですが、

一貫校に通っているため、

有難いことに制服や体操服や靴などなど中学時のものがそのまま使えます。

なので進級に伴う大きな出費などは特にありませんでした。


お金がかからないのでラッキー~♪と思っていたのですが・・・

やはりそんなに甘くはなかった(〃▽〃)。

先日学校から持ち帰ったお手紙の一つに、雑費のお知らせが。

ガッツリ 75,000円 の請求。

容赦ない、笑


教科書などその他もろもろの請求でした。


月々の学費自体はそう高いわけではないのだけど、

こんな感じで雑費の請求がちょいちょいあるので、

それを足して12で割ると、先日書いた通り大体月5~6万の学費になるといった感じ。


大きな出費ですが・・・・

正直なところ、もう慣れました。

今に始まったわけではなく、すでにこれが何年も続いている状態なので。

(×2人分~w( ̄o ̄)w)

実際今の状態よりも、中学受験塾に通っていた頃の方が出費は大きかった。

死ぬかと思った、笑。

あの頃は間違いなく我が家にとって過去最大にお金が飛んで行った時期だったなぁ・・。

(夏期講習代とかホントにハンパなかった!)

それを乗り越えたのだから、今なんて大したことない!

と頑張って無理矢理思うようにしよう(=∀=)


そして数年後、こんなもんじゃない出費(大学)にもっともっと驚くのだろうな・・・・。

楽しみです♪

(うそうそ、全然楽しみなんかじゃないし)


だけど・・・開き直って、笑って乗り越えるしかないですね。

子供を育てるってそういうことなんだ!と腹をくくるしかないのかな。


先日も書きましたが・・・

お金はいくらあってもいいぞ~~~!!!

いくらあったって困りゃしない!!
 



そう叫びたくなる今日この頃です(*ノ∪`*)








応援して頂けると嬉しいです







ここでたくさんの良書に出合いました♪






高校の授業料補助金、意外と年収のハードルが低いんだ・・・ 

2018, 04. 14 (Sat) 14:30


新学期が始まり、子供達は学校から沢山の書類(提出物)を持って帰ってきます。

その中に入っていた一つに、

授業料補助金のお知らせ

というものがありました。


中学の時と大きく違う点は、

県からの補助金、国からの支援金、入学給付金免除などの、

授業料の補助金が頂ける ということ。

もちろん年収によって補助額は変わってくるのですが、

年収約910万円未満の家庭が対象なので、

(正確に言えば市町村民税所得割額の金額で決まる)

意外とハードルが低いことにびっくりしました。

(もっと年収の低い家庭が対象だと思っていたという意味)

高校の授業料についてのことは恥ずかしながら私は全くの無知でした。

私立高校に関しては今こういう制度になっているのですね・・・。

(県や市や学校によって変わるのかな?それもよく知らないという(=∀=))


とは言え、娘が通う学校は完全なる中高一貫校なので、

(高校からの入学者はいません)

もともと裕福な家庭が多いのが事実。

(残念ながら我が家は違いますが(=∀=))

長女のお友達やまわりの金銭感覚にいつもビックリさせられます。

なので、ほとんどみんな余裕の対象外なんだろうな・・・と勝手に思っています。

もし奥さんも仕事を持っているとしたら、

世帯年収2000万以上の家庭なんてうじゃうじゃいるんだろうな・・・とか思ったり。



長女の入学式の時に夫婦で参加されている方も結構いらっしゃいましたが、

どう見ても見た目は普通のおじさん(失礼!)なのに、

でも稼いでいるんだろうな・・・なんて想像している自分を思い出した、笑。



それはそうと・・・

この高校3年間で、どれだけのお金が出ていくだろう・・・・。

雑費を含めれば、月々のお月謝は大体5、6万。

授業料だけで言えば中学の時とそう変わらないのだけど、

大学へ向けてその他にいろいろとお金がかかってくるのは覚悟しておこう。

子供が望めばだけど、短期のホームステイなどもさせてあげたい。


お金はいくらあってもいいですね(〃▽〃)

間違いなく、いくらあっても困らない物ナンバーワンだ。

使い道なんていくらでもある。



これからの教育費、

一体いくら出ていくのかもう開き直って楽しんだもん勝ちかな(^_^;)

出ていくたびに大笑いして乗り切って行こう!






応援して頂けると嬉しいです







ここでたくさんの良書に出合いました♪








私も、半端ない出費を笑いに変えて教育費のピークを乗り切るぞ! 

2018, 03. 05 (Mon) 06:21


昔はママ友達と頻繁にランチに行っていた私。

情報交換の場でもあったし、

自分のこと、子供のこと、旦那のことなどなど、

普段の出来事をあ~だこ~だと面白おかしく話す時間は本当に楽しいものでした。

(今は価値観がだいぶ変わったので、それをあまり楽しいとは思わなくなりましたが)


もちろんリアルなお金の話もしていました。

といっても、老後とか投資とかの固い話ではなくて、

子供関係のお金が主な内容かな。

本当に子供にはお金かかるよね、と。


今はパートがあるのでなかなかランチに行く機会がないし、

何と言ってもママ友達なんていないに等しい状態なので(〃▽〃)

普段はじっくりこういう会話(子供やお金のことについて語ること)をすることは、

あまりないわけなのであります。


そんな私なのですが、

久しぶりにリアルなお金の会話に参加しました(^∇^)。

パート先の大学生の子供を持つママ4人との会話で、

要は 子供の教育費 についてなのだけど、

久しぶりのその内容に刺激を受けてしまいました!

大学お金かかりすぎ!!!覚悟が必要!!!! 

という内容なんですけどね(=∀=)


一人は、理系の大学で下宿なので、

去年の入学時に3月、4月だけで400~500万ぶっ飛んだ~~~!!

という話。

ちなみにそれは3番目の子の話だとか!上の子2人の出費については怖くて聞けなかった、笑


もう一人のママは、こちらも理系で6年なので、

1年で軽く1000万はかかったんじゃないかなとのこと。

それが6年???

留年されたらたまったもんじゃないから、バイトはいいからとにかく勉強しろと言っていたとか、笑。



子供ハンパない、笑。

もう笑えてくる。



いやもちろんお金がかかることはわかってはいたことなのだけど、

こうやってリアルに久しぶりに聞いたので、

そんなにお金がかかるの~~~!!!???とかなりビビっちゃいました。

(もちろん子供の進路にもよりますが)


よ~~~し、お金貯めなきゃ!!!と喝を入れられた感じ。

私の貯金魂が再び蘇ったというのかな、

そんな気合が入った感じになりました(*ノ∪`*)。



我が家もこれからが本番。

自分達の老後のお金なんて今考えることではないなと。

(実際に全く考えていないけど)

まずは子供の為に万全に準備しなくては!!!

よし、貯金をもう少し意識してみよう!!!と再び思いました。



だけど、そのママ達と話して思ったことは、

何だかんだいって楽しんでいるな~という思い。

いや実際はヒーヒーなのかもしれないけど、

それを笑いに変えて語るところや、

切羽詰まった感などもちろん全く出ていないところ、

何より、母(親)としての強さを感じました。

子供を育てているという誇りや愛情というのかな・・・。

私も見習いたい!

間もなく訪れる教育費のピーク時、私も楽しく乗り越えようと決意♪

お金がかかるたび、その金額を前にして笑いに変えてやる~!

何とかなるさ。



ほんと子供という存在はハンパないな・・・・・笑








応援して頂けると嬉しいです







ここでたくさんの良書に出合いました♪