2人分の私立の学費、これから数年間が我が家の踏ん張りどころ 

2016, 11. 06 (Sun) 07:54



一般的に言われる教育費のピークはこれからだというのに、

ピークのだいぶ前からかなりの教育費がかかっている我が家。


理由は私立中学を選択したからに他ならないのだけど、

もうホントこれだけの理由で、お金のかかり方が半端なく変わってきます。

まず中学に入るまでに数百万円飛んでいっていますから(;゜0゜)(2人分です)。

もちろんわかっててそれを選択したのだから、グチを言うつもりはないですよ。

ただただ、お金かかってるなぁ・・・と客観的に見て思うのであります。


春からは次女も中学生。

2人分の私立の学費は本当にハンパないだろうなぁと思います。

でも実際のところ、こういっちゃなんだけど私はあまり心配はしていません。

なぜなら、

学費よりも今通っている受験塾のお月謝の方が断然高いから!

なので、今年よりも来年の方がむしろ出費が楽になる予定。

今何とかなっているのだから、この先何とかならないわけはない!と楽観的です。

(今までの塾代が準備できたのだから学費が準備できないわけがない、と)



今現在、長女の私立の学費&次女の受験塾のお月謝を支払い、

その他におけいこ代もあり、住宅ローンもあるし(もう間もなく終わるけど)、

何と言っても私にお金のかかる趣味がいくつか・・・

そんな現状でもある程度の貯金ができています。

とは言え、それがずっとできる保障は何もない。

子供の成長と共に教育費以外でも何かと出費がかさんでくる時期に入るので、

もしかしたら最悪この先数年間は貯金が全くできなくなるかもしれない。

でも覚悟はできています!

それを視野に入れて、先に大学資金を用意してきたわけなので。


中学高校の学費は月々の家計から!と決めているので、

この数年間が我が家の踏ん張りどころとなりそうです・・・。

(大学資金として貯めてきた貯金には絶対に手を出さないぞ!)



大学卒業まで入れると、このハンパない教育費出費はあと10年は続く~Σ(゚д゚|||)

先は長い・・・。


まぁ何とかなるさ。


あまり考えないようにしよう(=∀=)







応援して頂けると嬉しいです






洋服選びの参考になります♪

   

スポンサーサイト

久々の大きなピアノ出費は、タイミングよく入ってきた臨時手当で対応 

2016, 10. 18 (Tue) 16:36



ここのところお月謝だけで落ち着いていたピアノ出費でしたが、

久しぶりに大きなお金が出ていきます。

ここにきて長女が2つのコンクールに出るという選択を!!

本当は3つ出たいとのことだけど、一つはまだ保留中(申込期限がまだ先なので)。

先生曰く、

選曲内容や会場、いろいろなことを総合的に判断して、

今回どれも経験させたいコンクールばかり!
 だとのことなので、

もしかしたら3つになるかも・・・です。

練習が大変になるというのは私は知ったこっちゃないことなのだけど(他人事~(^_^;))、

ホントお金がかかるなぁ・・・という思いです。


大切なのは決して結果ではなく、経験 (もちろん結果が伴えばいうことないけど)。

大舞台で弾く!ということがどれだけ大切なことかを重視している先生でして。

信頼のおける先生なので、最終的に決めるのは私ではなく先生と本人です。

何より本人が出たいというのなら、もうそうさせるしかない。


コンクールはまだ先ですが、

申し込みはこれがまたいつも早いんですよね~。

もちろん次女の方も一つだけ出る予定なので、

出演料約3万円+ドレス代 (とりあえず長女2つと次女1つの出演料+長女のドレス代)


お金かかるなぁ、どこから出そうかな・・・と思っていた時に、

先日これまたタイミングよく、児童手当が振り込まれたという通知が!!

全く頭になかったことなので、本当に嬉しい♪

しかも入ってきた額は出費とほぼ同じ4万円。

(こういうお金に関するプチ引き寄せは本当によくあります♪)

この臨時収入、今回は貯めこむのではなく子供のために使いなさいよ!

というメッセージなんだろうなと捉えています。

本当に有難いです。


そして年度末には個人発表会もあります。

こちら出演料はまだまだ先だから大丈夫なのだけど、

その頃にはまたタイミングよくどこからか臨時収入が舞い込んでくる!と信じてます(*^。^*)

それにしても・・・

コンクールや発表会は何故か体調管理の大変な冬の時期に多いんですよね・・・。

しかも次女は、受験がありながらもコンクールには出るという意志の強さ。

(本当は二つ出たいと言っていたのだけど、試験日と近いのでそれは諦めさせました)

親として応援しないわけにはいきません。


というわけなので、ピアノだけでもお金がどんどん出ていく我が家。

お金がかかる習い事だなぁとつくづく思います。

そもそもお月謝が2人で2万5千円と本当に高い!

(一時期長女一人に2万越えのお月謝を払っていました。専門的なことも学んでいたので)

しかも先日次女がグレード試験に合格したので、

たぶん来月あたりからさらにまたお月謝が上がる予定~( /ω)

ったく、お金だけはいくらあっても困らないわ


2歳の頃からかかっているこのピアノ出費。

今までいくらかけてきたのか、計算するとハンパない金額だろうな~。

しかも2人分なわけなので。

でもこれほどまで長く続けてきていることが、素直にすごいなぁと思います。

受験の年も毎日の練習だけは欠かさかった。

当然今年の次女もそう。

中途半端にやっていたらもちろんお金なんて出す気はない。

でも頑張っている以上(頑張るというより好きだからやっているという感覚だと思う)、

もうピアノはやめる!と言い出すその時まで、

私はずっと見守っていきたいと思っています(*^。^*)




応援して頂けると嬉しいです






洋服選びの参考になります♪

   


すでに大学入試を視野に入れた教育&今後の教育費に対する私の思い 

2016, 09. 04 (Sun) 16:01

長女の学校では、始業式早々2日間に渡りテストがありました。

私はてっきり内容は1学期の総復習かと思いきや・・・・

大学受験に向けての準備みたいなテストだったようです。


丁度長女の受験の年からセンター試験がなくなって新たなものに変わるので、

大学受験が大きく変わります。

その新たな試験がこれまた厄介なようで・・・・。

とにかく記述が多いとのことで、学力が高いだけでは難しいような内容だそうです。

「思考力・判断力・表現力」 が問われる内容になりそうです。

クラスで1番頭のいい子(皮肉にも長女の一番仲の良い友達~)も、

今回のテストはボロボロだったと言っていたそう。

まぁボロボロといってもうちの子のボロボロとはレベルが違うのでしょうけどね。

我が子よ、そこは真に受けちゃいけないぞと(笑)


でもまだ大学入試はだいぶ先のことなので、これからしっかり慣れていくのかなと思います。

データがないというのがこれまた厄介なことなので・・・

とりあえず入試が難しくなることは間違いないようです。



それにしても、私立は先を見据えるのが本当に早いです。

それがよいところでもあるのですが。

高校受験がない分、

その先を見据えた大学受験をすでに視野に入れた教育を受けることができます。

最悪な成績さえ取っていなければ、付属の大学への推薦が保障されているようなものなのだけど、

そうはいっても、でもまずは目指すところはやっぱり国公立であってほしいものです。

でもまぁそれは私がごちゃごちゃ言わず、本人が決めればいいのだけどね(*ノ∪`*)

今後子供達がどういう選択をしてもいいように、

お金だけはしっかり準備できている という状態でいたいです!

どういう選択をしても応援してあげられる経済状況であることがやっぱり理想。

お金がないという理由で進路を諦めさせることだけは私は親として絶対にしたくないことです。

予想外の経済状況悪化…などは仕方ないとしても、

親の無計画な散財でそういうこと(大学は諦めて・・・とか)になったりするのは、

私的にはあり得ないこと。

それだけは避けたいなと思うのであります。


私は割と自分の為にお金を使う方。

何よりも自分の人生が大切だし、今が大事だし人生楽しもうと思っているので、

やりたいこと、好きなことにはとことんお金を使う。

でもそれは、金銭面で家族に迷惑をかけないことが自分の中の条件でもある。

自分の娯楽のせいで教育費が準備できなかったというのはもっての外。

だからといって、

自分の好きなこと、やりたいことなどを我慢、犠牲にして、

子供の将来のためにお金を貯めるという生き方も私的には違う。

自分のやりたいことは我慢せず喜びにとことんお金を使い、子供のためにもお金を使う

これがとにかく理想の生き方だし、そうする!と決めています。

(今のところその通りの生き方ができているつもり)


自分の人生を楽しみながら、

子供にも十分満足のいく教育を受けさせてあげる!

これが目標です(*^。^*)





応援して頂けると嬉しいです





私のお気に入りの本♪

   



子供の教育や経験には、今後も惜しみなくお金を使っていく 

2016, 07. 21 (Thu) 07:03



いよいよ子供達が夏休みに入ります。

次女は受験に向けて塾漬けの毎日がスタート~。

お弁当作り、頑張れ私!!!!(って、お前かよってね)

もちろん本人(次女)はやる気満々なのであります。


そして長女の方は学校がしっかり面倒を見てくれるので、

今のところ塾にはお世話になっていません。

夏休みは、部活や遊び、少しの勉強でマイペースに過ごすことでしょう。

(高校受験がないってやっぱりいいですね)

といっても予習復習を怠るとあっという間に授業にはついていけなくなるわけなので・・・

でもそんなこともう私が言わなくても本人が分かっていることなので、

1学期の成績は散々でしたが、あまり口うるさく言わないように心がけています。



子供の教育費にお金をかける家庭とかけない家庭、

意見が真っ二つに分かれますよね。

どちらがいいとか間違っているとかはないと思うので、非難する対象ではないです。


そんな我が家は、小さなうちから子供にかなりの教育費をかけています。

理由は、そこにお金をかける価値を感じている からです。

もっと単純に言えば、

親としてそこに お金をかけてあげたいから

子供が望んでいるのならなおのこと。


価値観の違う家庭からは、

もったいないとか意味がないとか無駄だとか思われるかもしれませんね。

でも私はそういう風に思ったことはありません。

無駄かどうかなんて今わかることではないし、

それは将来成長した子供自信が感じてくれればいいこと


そういう思いでいます。

親の勝手な判断で子供の可能性を潰すことだけはしたくないので、

(まずはやらせてみる!やってみてダメだったり合わないのならやめればいいだけのことなので)

子供が望むなら、今後も教育と経験には惜しみなくお金を使ってあげたいです。

そんなんじゃ老後破綻? 好きなように言ってもらって大丈夫。(〃ノωノ


子供達からは、

ずっとピアノを習わせてくれてありがとう、と。

長女からは、受験をさせてくれてありがとう、あの時頑張って本当に良かった、 

とすでに今の段階で言ってもらえています。

親として嬉しい限りです。



教育や経験にお金をかけることは、なにも子供に限ったことではありません。

大人だって同じ。

先日こういうことを書きましたが、

学びたいと思うことに年齢なんて関係ない。

学びたいと思えばいつからでもそこにお金をかけることはできます。



我が家は我が家の方針で、みんなが幸せを感じていけたらな・・・と思っています(*^。^*)






応援して頂けると嬉しいです





もう塾から夏期講習の案内&請求が!すごい金額~ 

2016, 06. 02 (Thu) 22:31


次女の通う塾から、もう夏期講習のお知らせがきました。

お知らせというか・・・・ 請求額のご案内 (^∇^)ノ


その額、約14万


(長女の時より若干値上がりしてるし・・・・)


でもこれでもまだ我が家は安い方かなと思います。

みんなはこの夏期講習+個別指導や特訓もつけているので、

20万くらいはかかるのでは…と思います。


高いけど分かってた出費。

もちろんお金をかけずに合格できれば言うことないのだけど、

中学受験を独学で臨むなんて、私的には(子供にとっても)雲の上の選択に近いので、

(学校で習う問題とは違う独特な問題が多いので)

ここは高いお金を払ってでも受験のプロにお任せです。

むしろ先生に丸投げするからこそうまくいく、と長女の経験からも思います。


お金をかける分、しっかり身につけて欲しいなと思います。


次女の学年は、女の子の3分の2が中学受験するという多さ!

ライバルうじゃうじゃ~( /ω)

みんなバカ高い夏期講習代を払うんだろうなぁ・・・。


長女の時は女の子で受験する子はたったの二人だったのにな。


そんな勉強するのが当たり前の環境なので、

塾に行くこと(受験勉強)は全く次女にとっては苦に感じていない状態です。



先日塾での個人懇談がありました。

長女の時は、塾での順位はそれほど悪いものではなかったのだけど、

全国模試(中受の)になるとひどい偏差値をとってきてました。

安定していないのでもう少し頑張らないと・・・という状態だったのだけど、

次女は意外にも出来がいい(ここは本当に親の私にとっても予想外だったという)!

志望校はすでに80%の安全圏なので、

(100%という表示はしないので、80%はかなりの安全圏になります)

このまま努力を忘れなければ、まず大丈夫でしょう、と言われています。

こんなこと長女には最後まで言ってもらえなかった言葉なので(笑)、

あ~気持ちに余裕があるっていいな・・・なんて思ったり(^_^;)。

なので私も本人に任せて信じて、ほったらかし~。

受験生の親がこんなんでいいのかってくらい関わってないです。

余力があるので、もっと難関校目指してみれば?と一応言ってみたりはするものの、

本人の行きたい学校はもう決まっているし、

その難関校を目指するとなると過酷な戦いが始まるのは確か。

やっぱそんなのこっちが勘弁


若干12歳の挑戦。

何が起きるかわからないので、常に気は抜かないようにとだけは言ってあります。

調子に乗ったら最後なのでね。


そして今月は、保護者会があります。

いつもは参加しない私だけど、

大切なお話をするのでこの日だけは参加してください!と先生に念を押されています(^_^;)。

(確か長女の時もこの時期同じことを言われた記憶が・・・・)


自分に少しの気合を入れるためにも、面倒だけど参加してくるかな。





応援して頂けると嬉しいです