私が子供にかなり厳しくしつけたこと 

2015, 06. 26 (Fri) 14:22



子育てをする上で、子供にしつけなければならないことはたくさんあると思いますが・・・

その中で私が一番口うるさく言ってきたことは(残念ながら今も言っているけど)、


食事のマナー


マナーと言うと何か聞こえがいいけど、

食事時のお行儀のことです。


肘をつかない、両手を出す、茶碗の持ち方、音を立てて食べない、ご飯と汁物の置き方(配置)、

などなどと・・・

自分が子供の時に親に言われたあたり前のことを言ってるだけなのですが、

残念ながらそのあたり前ができない日が多々あるので、

その都度いちいち怒っています。

(食事中は楽しく過ごしたいのは山々ですが・・・見て見ぬふりはやっぱり私には無理~)


その中でも特に私が厳しくしつけたことは

箸の持ち方!


長女は大丈夫だったのだけど、次女はおかしい時期がありました。

幼稚園の時に一度矯正させて直ったのだけど、

1年生の時にまた変な持ち方をしているのに気付いたので、

再び矯正箸を買って徹底的に直させました。


まぁいっか・・・じゃ、私は済まない!ここは厳しく!です('-'*)


あまり気にしない人もいるけど、私はとっても気になります。

正しい使い方ができないことはとても恥ずかしいことに感じます・・・。

幸い旦那は正しい使い方をしていたからよかったのだけど、

もしできない人だったら、結婚してなかったかも?!です。

いやそれは大げさかもしれませんが(笑)、

それほど自分にとって箸の持ち方は重要な部分であるわけなのであります。

そこは人それぞれ価値観の違いかもしれませんね。

いや、価値観とはまた違うような気もするけど・・・



プチパートをしていた頃(ランチ時の2時間)、

あ~この人変な持ち方してるなぁ…など、何気にチェックしてたりしました。

(チェックというよりも、変な持ち方なので自然と目に入るだけ)

グーに近い大人がいたのには驚きましたけど!

親が変な持ち方をしていたら、子供にはどうやって教えるのかな・・と軽く疑問です。

でもまぁ所詮他人のことなので、

他人がどういう持ち方であろうと私には関係のないことですね。



自分の子供達には、

持ち方だけではなく、箸置きに置くこと、お皿に箸をおかない、なども徹底させています。


食事のマナーってやっぱり大切だと思います。

大人になって恥をかかないように、

しつけられるところは徹底してしつけていきたいと思っています。


とは言っても・・・

子供は親の知らないところで好き勝手してますからねぇ(´⊆`*)

給食やお弁当時は作法も何もあったものじゃないと思います。

まぁ友達と楽しく食べている時くらい仕方ないかな。

その代わり、私の目の届くところでやるとこれからも容赦しませんよ~。





応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



スポンサーサイト