教育費に思う・・・やっぱり世の中お金だなと(´ε`*) 

2015, 11. 14 (Sat) 11:08



久しぶりに教育ネタです。


先日、次女の塾での保護者会(定例会)がありました。

保護者会は月1くらいであるのだけど、なんと私今回が初めての出席でした~(^▽^;)

今まで参加しなかった理由は、

面倒だから

はい、いつものこの理由~、笑。

2回目だから(長女で経験済み)大体流れはわかっているというのも理由の一つです。


先生からは度々嫌味を言われていましたが、そんなことでは全く動じないのが私。

行きたくないものには行かない!

そこはブレませんヾ(ーー )


行かなくて済むことなの?と思われるかもしれませんが、

はい、済みます、私はね。(人それぞれの捉え方なだけだと思うので)

出席しなくて今まで何も支障がないどころか、成績は右肩上がりというおまけつき♪

(長女の時よりも次女の方が出来がいいというのは意外だった)



でも今回は先生に、

「来年度の事で重要なお話をさせていただくので、
     お母さん、今回だけは必ず出席してください!」
        
と念を押されていました。

それでも直前まで行く気などなかったのだけど(どんだけだよ)、

今回頑張って行っておけば、今後またしばらくは行かなくて済むからなぁ・・・と、

何ともまぁ大人げない理由で行ってきました。


そして今回出席してきた感想は・・・・

もちろん意味のない話などは全くないのだけど、

まだ先のことなのでいまいちピンとこない私・・・。

そもそもこの間長女の受験が終わったばかりという感覚なので。


とにかくこの1年はお金がかかるということだけを頭に入れておきます!


ちなみに個人面談の方はきちんと参加しているので、

私的には今はそれだけで十分。


ただ来年度の夏頃からは、

自分のテンションを上げるためにもボチボチ出席しようと思っています。

(長女の時もそうでした)



それにしても・・・前にも書いたことがあるけど、

中学受験と言えば

子供の頑張りはともかく親も必死になっている姿を想像する方は多いと思うけど、

私は全くそういうタイプではないんですよね。

私のようなタイプが珍しいのか人それぞれと言えばそうなのかはわかりませんが、

長女の時もそうでしたが焦るような気持ちはあまりありません。


ただお金が相当かかっているのは事実だし、

我が家にとっては十分な意味があると思っているから受験をさせるわけなので、

この挑戦をこれからの人生の中で無駄にだけはしてほしくないと思っています!!

(結果がどうであろうと)




そして中学生活を満喫している長女はというと・・・

先日担任との個人面談があったとのこと。

内容は中間テストの結果が主な内容。

友達の中には、

このまま附属の大学に進学するのか?それとも国公立を目指すのか!!!??

と質問された子もいるという。

出た~、中一の秋にもう大学の質問。

というか、うちの子はそんな質問されていないのはなぜ?、笑。

どうやら成績上位者の子だけらしいです(クラスで3位以内の子達かな)。

頭のいい子は目標を定めるのがやっぱり早いですね。


そうはいってもまだ中一。

進路なんてこれからゆっくり考えればいいし、

第一今の段階で将来何になりたいか?なんて具体的に決まっている子の方が少ないはず。

自分が何をしたいのかわからず、やりたいことを見つけるために大学に行く人も多いわけで。

(私もそうだった)


高校受験の心配をしなくてもいいのは何よりなので、

この6年間で少しずつ自分の方向性を見出して欲しいなと思います。



部活も頑張り、好きなことをやり、友達とたくさん遊んで、

でも将来の選択肢を増やすためにも勉強は適度に頑張ってほしいなと思っています。

勉強をして損をすることなど絶対にないのでね。


とはいっても・・・

もし勉強があまり好きではないなら、楽してそのまま付属に行く選択でいいよ!と思うのも事実。

もう中受で十分頑張ったんだから、

6年間好きなことをして楽しく過ごして!勉強は頑張り過ぎなくていいよ!とも私は思っている。

(私も中受を経験したのだけど、人生の中であの頃が一番勉強した時期だ!と言えます。)



もちろん国公立の大学に行ってもらえれば家計的にはかなり助かるので

それに越したことはないのだけどね。


まぁ好きな道をえらんでくれ~という感じ。



子供がどういう選択をしてもいいように、

私(親)の役目は、お金を用意すること!!!

やっぱりここにたどり着く~


何を言っても、世の中やっぱりお金 なので。


でた、久々のブラック発言、笑。

でもここは現実で。





応援して頂けると嬉しいです





スポンサーサイト