14年間自称専業主婦だった私。今思えば働き方も自分らしかったな 

2016, 01. 30 (Sat) 06:33




今のパートを始めて1年近く経ちました。

パート主婦として働くのは、実に14年ぶりだった私。


かといってそれまでずっと専業主婦だったのかと聞かれればそういうわけでもなく、

今のパートを始める前は、

知り合いから紹介されたお店で、週2、3回、ランチ時の2時間だけ働いていました。

2年半くらい続いたかな。

それと同時期に、土日に単発のアルバイトも数回ほどやりました。

その前は、知り合いのカフェで日曜日だけお手伝いをしていたり、

家でコツコツと内職を頑張っている時期もありました。

百貨店に派遣登録をしていて、イベントの時だけ短期で働いていたこともあります。

もっと遡れば、DINKS時代は音楽関係の仕事に携わっている時期もありました。


基本専業主婦の私でしたが、常に何らかの形で収入は得ていました。

毎日働くのは嫌!専業主婦でいたい!でもたまには自分で収入を得てみたい!

そう思っていた私にとっては、理想の生活スタイルだったかなと思います。

基本私は引きこもることが大好きな人間。

一人が大好き。外に出るより家でゆっくりと一人で過ごす時間が大好き。

それなのにずっとじっとしているのは嫌で、やりたいと思ったことはやらずにはいられない、

行動力はかなりある方。

働き方にもその性格がしっかり出ていたと思います(*ノ∪`*)


そんな私に転機が訪れたのは1年前。

転機などというと大げさだけど、

私を大きく変える出来事となったのは確か。

まさか私が、会社という大きな組織で働くことになるとは思ってもみなかったことなので。


話を頂いた時は、不安はもちろんありました。

でも不安よりもとにかくワクワク感の方が大きかった。

どこから来るのか、自分ならできる!という自信の方が大きかった。

今では、その時の自分の感覚を信じて本当によかったな♪と思っています。

何度も書いていますが、

今のパート先には何の不満もないし、条件的にも満足しているし、

楽しく仕事をさせてもらっています。

感謝の気持ちしかありません。

いやほんとに!


それでも・・・

専業主婦とパート主婦を天秤にかけた時、

ほんの数か月前までは・・・




長くなりそうなので次回へ続きま~す





応援して頂けると嬉しいです






スポンサーサイト