子供の教育や経験には、今後も惜しみなくお金を使っていく 

2016, 07. 21 (Thu) 07:03



いよいよ子供達が夏休みに入ります。

次女は受験に向けて塾漬けの毎日がスタート~。

お弁当作り、頑張れ私!!!!(って、お前かよってね)

もちろん本人(次女)はやる気満々なのであります。


そして長女の方は学校がしっかり面倒を見てくれるので、

今のところ塾にはお世話になっていません。

夏休みは、部活や遊び、少しの勉強でマイペースに過ごすことでしょう。

(高校受験がないってやっぱりいいですね)

といっても予習復習を怠るとあっという間に授業にはついていけなくなるわけなので・・・

でもそんなこともう私が言わなくても本人が分かっていることなので、

1学期の成績は散々でしたが、あまり口うるさく言わないように心がけています。



子供の教育費にお金をかける家庭とかけない家庭、

意見が真っ二つに分かれますよね。

どちらがいいとか間違っているとかはないと思うので、非難する対象ではないです。


そんな我が家は、小さなうちから子供にかなりの教育費をかけています。

理由は、そこにお金をかける価値を感じている からです。

もっと単純に言えば、

親としてそこに お金をかけてあげたいから

子供が望んでいるのならなおのこと。


価値観の違う家庭からは、

もったいないとか意味がないとか無駄だとか思われるかもしれませんね。

でも私はそういう風に思ったことはありません。

無駄かどうかなんて今わかることではないし、

それは将来成長した子供自信が感じてくれればいいこと


そういう思いでいます。

親の勝手な判断で子供の可能性を潰すことだけはしたくないので、

(まずはやらせてみる!やってみてダメだったり合わないのならやめればいいだけのことなので)

子供が望むなら、今後も教育と経験には惜しみなくお金を使ってあげたいです。

そんなんじゃ老後破綻? 好きなように言ってもらって大丈夫。(〃ノωノ


子供達からは、

ずっとピアノを習わせてくれてありがとう、と。

長女からは、受験をさせてくれてありがとう、あの時頑張って本当に良かった、 

とすでに今の段階で言ってもらえています。

親として嬉しい限りです。



教育や経験にお金をかけることは、なにも子供に限ったことではありません。

大人だって同じ。

先日こういうことを書きましたが、

学びたいと思うことに年齢なんて関係ない。

学びたいと思えばいつからでもそこにお金をかけることはできます。



我が家は我が家の方針で、みんなが幸せを感じていけたらな・・・と思っています(*^。^*)






応援して頂けると嬉しいです





スポンサーサイト