自分がしてきた子育てに自信を持つ!そしてこれからも! 

2016, 07. 29 (Fri) 06:34


resize3539.jpg

「よいしょっ、よいしょっと」   byダッフイ―

resize3540.jpg


子供達が、たまにこうやってぬいぐるみを細工して部屋のあちこちに置きます。


今回は階段バージョンだった~。

ハッキリ言って邪魔なんだけど、見るとププッと笑えてきて心が和みます(*’U`*)。


こういうの、いつまでやってくれるのかなぁ・・・・。

どんどん成長していく子供達ですが、こういう発想がやっぱりまだまだ子供らしいですね。


子供達が小さいうちは、

早く大きくなってもらって子育て卒業したい!とか、

もうこのおもちゃ邪魔~!早く大きくなって全部捨ててやりたい!とか、

子育てなんてあっという間だとか言うけれど、

まだまだ先は長いじゃない・・・。はぁ・・・勘弁して・・・。なんてことを思っていましたが、

(といっても、小さな頃から手のかからない子供達だったので楽に育ててきたんですけどね)

いやホントにここまであっという間でした。

まだ子育てが終わったわけではないし、

逆に金銭面ではここからが本番だというところなのですが(;д;)・・・。


今現在、家族思いの優しい子に成長してくれたことを本当に嬉しく思っています。


子育てするにあたって私が心がけていることを今まで何度か書いたことがありますが、

(この記事 や この記事)

私はこれからもその方針で育てたいと思っています。

(方針というより気持ちの持ち方かな)

子供の気持ちに寄り添っていくことを大切にしたい。

誰にも迷惑をかけていないのなら、できる限り目をつぶっていきたい。

そして私は、小さな子にかけるような言葉を、今でも子供達にかけています。

大好きだよ、何があっても味方だからね、信じているから、などと。

言葉にしてはっきりと気持ちを伝えています。

子供達もまた、お母さん大好き と言ってくれます。

長女の卒業文集には、自分の一番大切な宝物は、家族 と書いてあります。

それを見た時は本当に嬉しかったな。


信頼関係はやっぱり大切。

与えれば返ってくる

子育てにもその法則はしっかり反映です。


(もちろん反抗もしてきますし、生意気なことも言ってきますよ。)



あと、夫婦仲が良いというのは、子育てにはプラスの環境ですよね。

そういう私は旦那と仲が良いわけではないんですけどね(=∀=)

旦那は寄り添おうとしているのだけど、私が自由奔放過ぎて旦那どころではないので。

ぶはっ(ノ∇≦*)

いやホントに、私のことは放っておいてと言いたいくらい私は一人の時間が好きなわけで

でもそういうのも踏まえて、

子供達は我が家なりの和やかな空気をよみとっているんだろうな・・・と思います。


子育てに失敗も成功もないと思うので、

これからも自分の軸をしっかり持って子供と向き合っていきたいです。

これからの多感な時期も、楽しんで乗り越えるぞ~(*^。^*)





応援して頂けると嬉しいです





スポンサーサイト