子供の歯並びが悪ければ矯正させる、という私の価値観 

2016, 09. 23 (Fri) 06:11


私は3、4か月に一度、歯医者へ通っています。

虫歯治療とかではなくて、歯科検診です。

残念ながら唾液の成分のせいで歯石の付きやすい体質だそうで・・・・

定期的に歯石除去をおこなっています。


歯は本当に大切だなと思います。

私は矯正経験があるせいか、歯を大切にする気持ちはとても強い方だと思います。


そんな私なので、

当然子供達にも歯の大切さを小さな頃からそれはまぁうるさくうるさく伝えてきました。

その甲斐あってか、2人とも一度も虫歯になったことはありません。

14歳の長女でさえ一度もです。

(下の奥歯に2つ銀歯のある私からしたら本当に羨ましい~(ノω`*)ノ)


そんな我が家の長女、

長い間歯列矯正をしていたのだけど、今年の始めに矯正が終了しました(*´∀`人 ♪

正確に言えば、ワイヤーは外れたのだけど固定するための取り外しのできる装置はまだ付けています。

矯正を始めたのは確か小2の頃からだったかな。

その頃はまだ矯正というよりも、顎を広げて歯を収めるスペースを作る段階だったので、

日中は今なんかよりずいぶん派手な取り外しのできる装置を付けていたり、

寝る前はとんでもなく煩わしい器具を口にはめたりしていました。

いろいろと大変だったけど、終わってみて本人が口にしたのは、

矯正をして本当によかった

という言葉です。


親としてもここにお金をかけてあげることができて本当によかったです。

これはもう私の価値観に過ぎないのだけど、

子供の歯並びが悪ければ直してあげる

これは親の役目だと思っています。

エゴと言われればエゴなのかも知れないけど・・・

いやでも歯並びがいいことを喜ばない人はいないんじゃないかと・・・。

なのでここにお金をかけるのはもったいない!とは思わないですね~。

いや実際はもったいないですが(だってもともと歯が綺麗なら直す必要がないわけなので)、

それでも私にとってはここには優先してお金をかけようと思っていた部分です。

(今でこそ教育費が膨らんでいますが、教育費よりも何よりもまずはここ!という気持ちでした)

他を削ってでも歯並びは綺麗にしてあげたい、そんな思いです。

もちろん経済的なことも関係してきますので、

矯正をさせてあげられる環境であるならば、ですが。

(もう一度書きますが、完全に私個人の価値観です)


チャームポイントだと言われていたりする八重歯も、人によって捉え方は違います。

八重歯がチャームポイントだと言われていた芸能人も、

みんないつの間にかなくなっていたりしています。

まっすぐな歯並びがいいにこしたことはない、

私もその人たちと同じ価値観なんだなと思います。


もうこれは余計なお世話でしかないのだけど、

歯並びの悪い人が何かにドカンとお金をかけていたりすると(例えば車とか)、

そこにお金をかけるよりもまず歯を直せばいいのに・・・

なんてことも思ってしまいます。

はい、余計なお世話ですね、失礼しました(=∀=)


そんなわけなので、歯は本当に私にとって大切にしていきたい部分です。

子供達にも十分それを理解させることができたので、

将来子供達が子育てするようになった時も、

自分の子に同じように歯の大切さを伝えていってほしいな・・・なんて思います(*ノ∪`*)







応援して頂けると嬉しいです






私のお気に入りの本♪

   

スポンサーサイト