丁寧な暮らし、シンプルな暮らしは、決してお金をかけないことではない 

2016, 09. 17 (Sat) 11:32

自分で自分のことを、

あ~私、丁寧に暮らしているなぁ (*ノェノ) と思う瞬間があります。

それは

料理で ダシをとっている時


はぁ?そんなことで??と思われるかもしれませんが、

数年前まで市販のダシをあたり前のように使っていた私にとっては、

こんなことでもとても丁寧に生きているなと思う瞬間なのです。

(レベルが低くてすいません(〃ノωノ))


前にも書いたことがありますが、

以前の私は、お味噌汁や煮物を作る時は市販のダシを使っていました。

でも何がきっかけかはよく覚えていませんが(たぶん体のことを考えてかな)、

ダシぐらい自分でとろう!と強い決意をしました。

そう決めてからというもの、どんなに面倒でもそれだけは続けています。

ホント面倒だけど~

今ではもう、お味噌汁を作る時は二度と市販のダシに頼ることはないだろうな…と思います。

市販のものを使うよりも、自分でとったダシの方が断然美味しい♪

体にもいいし。


市販のものって、結局は添加物のかたまり

極力そういうものはとらないようにしたいのだけど、

あまり神経質になるのは嫌だし、そんなことにこだわればきりがないですよね・・・・。

何も食べられなくなっちゃう。

なのでせめてダシぐらいは丁寧に自分でとろう!と思ったわけなのであります。

それ以来、お味噌汁を味わうことにとても幸せを感じるようになりました(*^。^*)

手をかけて作ったお味噌汁♪という自己満足で満たされているので、味も格別に感じます。

ちなみに・・・

旦那は普通に家事をやってくれるので、食事もよく作ってくれるのだけど、

旦那がお味噌汁を作る時は市販のだしをつかうんですよねぇ(ノ_<)。

(なので一応ストックはしてある状態)

本当はすごく嫌なんだけど・・・・

作ってもらっている訳だしあまり口出ししないほうがいいと思い、ここは我慢しています。

だから尚更自分の作る料理くらいは極力添加物を避けたいな(手作りで、ということ)、

という気持ちが強いです。


せっかく丁寧にダシをとっているのだから、

味噌や調味料もにもある程度こだわらないと意味がないので、

安いだけの基準では購入しなくなりました。

高くても体に良くておいしいものなら買う。

そうなると次は器にもこだわりたくなってきます。

丁寧に作ったお味噌汁やおかずを、100均の器なんかで頂く気にはならない。

もともと100均の器は使っていなかったけど、

使用していた物よりワンランク上の少し上質なものに少しずつ買い替えていきました。

(だいぶ前の話です)。


丁寧な暮しやシンプルな暮らしって、決してお金をかけないことではないんですよね。

むしろお金がかかるのでは・・・と思います。

無駄なことにはお金を使わない、でも自分の「好き」には妥協なく投資する。

妥協が許されなくなってくるので、結果そこにお金がかかる。

でも、心の満足度、豊かさ、幸せが手に入る。

お金のかけどころが本当の意味で見えてくるので、お金の使い方に無駄がなくなる。

それが本当の意味でのシンプルな生活なんだろうな・・・と感じます。

ただ出費を抑えるだけの節約とはまた違います。
 
シンプルな生活の意味を履き違えないようにしたいです。

ただのケチにならないようにヾ(・∀・)ノ


丁寧に暮らしていると感じると心が豊かになっていくのを感じます。

でもまだまだ雑だらけの私(´д⊂)

これからもっともっと自分にとっての丁寧を増やしていけたらなと思っています。






応援して頂けると嬉しいです






私のお気に入りの本♪

   

スポンサーサイト