久々の大きなピアノ出費は、タイミングよく入ってきた臨時手当で対応 

2016, 10. 18 (Tue) 16:36



ここのところお月謝だけで落ち着いていたピアノ出費でしたが、

久しぶりに大きなお金が出ていきます。

ここにきて長女が2つのコンクールに出るという選択を!!

本当は3つ出たいとのことだけど、一つはまだ保留中(申込期限がまだ先なので)。

先生曰く、

選曲内容や会場、いろいろなことを総合的に判断して、

今回どれも経験させたいコンクールばかり!
 だとのことなので、

もしかしたら3つになるかも・・・です。

練習が大変になるというのは私は知ったこっちゃないことなのだけど(他人事~(^_^;))、

ホントお金がかかるなぁ・・・という思いです。


大切なのは決して結果ではなく、経験 (もちろん結果が伴えばいうことないけど)。

大舞台で弾く!ということがどれだけ大切なことかを重視している先生でして。

信頼のおける先生なので、最終的に決めるのは私ではなく先生と本人です。

何より本人が出たいというのなら、もうそうさせるしかない。


コンクールはまだ先ですが、

申し込みはこれがまたいつも早いんですよね~。

もちろん次女の方も一つだけ出る予定なので、

出演料約3万円+ドレス代 (とりあえず長女2つと次女1つの出演料+長女のドレス代)


お金かかるなぁ、どこから出そうかな・・・と思っていた時に、

先日これまたタイミングよく、児童手当が振り込まれたという通知が!!

全く頭になかったことなので、本当に嬉しい♪

しかも入ってきた額は出費とほぼ同じ4万円。

(こういうお金に関するプチ引き寄せは本当によくあります♪)

この臨時収入、今回は貯めこむのではなく子供のために使いなさいよ!

というメッセージなんだろうなと捉えています。

本当に有難いです。


そして年度末には個人発表会もあります。

こちら出演料はまだまだ先だから大丈夫なのだけど、

その頃にはまたタイミングよくどこからか臨時収入が舞い込んでくる!と信じてます(*^。^*)

それにしても・・・

コンクールや発表会は何故か体調管理の大変な冬の時期に多いんですよね・・・。

しかも次女は、受験がありながらもコンクールには出るという意志の強さ。

(本当は二つ出たいと言っていたのだけど、試験日と近いのでそれは諦めさせました)

親として応援しないわけにはいきません。


というわけなので、ピアノだけでもお金がどんどん出ていく我が家。

お金がかかる習い事だなぁとつくづく思います。

そもそもお月謝が2人で2万5千円と本当に高い!

(一時期長女一人に2万越えのお月謝を払っていました。専門的なことも学んでいたので)

しかも先日次女がグレード試験に合格したので、

たぶん来月あたりからさらにまたお月謝が上がる予定~( /ω)

ったく、お金だけはいくらあっても困らないわ


2歳の頃からかかっているこのピアノ出費。

今までいくらかけてきたのか、計算するとハンパない金額だろうな~。

しかも2人分なわけなので。

でもこれほどまで長く続けてきていることが、素直にすごいなぁと思います。

受験の年も毎日の練習だけは欠かさかった。

当然今年の次女もそう。

中途半端にやっていたらもちろんお金なんて出す気はない。

でも頑張っている以上(頑張るというより好きだからやっているという感覚だと思う)、

もうピアノはやめる!と言い出すその時まで、

私はずっと見守っていきたいと思っています(*^。^*)




応援して頂けると嬉しいです






洋服選びの参考になります♪

   


スポンサーサイト