普段ドラマを見ない私が、見ると決めたたった一つの理由&学歴やら中学受験やら 

2017, 01. 14 (Sat) 13:03



ほとんどTVを見ない私が、昨日は珍しくドラマを見ました。

そのドラマとは・・・・

「下剋上受験」

中卒の父と偏差値41の娘が、二人三脚で最難関中学を目指すという実話。


中学受験という我が家にとっては身近なテーマでありながらも、

いつもの私ならやっぱりドラマなどスルー。

そんな私がこのドラマを見た理由はたった一つ、

主題歌が・・・

斉藤和義だから (≧∀≦)ノ


もうね、ホントこれだけの理由。

最後に流れる新曲がどんなものか知りたくて。

せっちゃん次はそうきたか~という感じの、甘く切ない感じの曲でした。

せっちゃんらしい言葉の表現と声♪

売れるよせっちゃん、絶対に!

そして初回限定盤、買うからね~~!!!

と、ドラマの話かと思いきや曲かい!と突っ込みが入りそうなので(笑)、

せっかくなのでこのドラマの初回を見て感じた事も少し書いてみようかな・・・。


実話で本も出ているということなので、

本当は事前にその本を大ざっぱに読ませていただきました。

なので結末や大体の内容はもうわかっています。


ドラマは受験ホームコメディなので、面白可笑しく描いていて見やすかったです。

受験なのでもっとお固い系かなとか思っていたので。


たまに、学歴なんていらない という言葉を聞きますが、

私はそうは思っていません。

学歴はあるに越したことはない(あって損はしないという意味で)。

私には高学歴の人の気持ちや立場などわからないし、

当然どれだけの恩恵を受けているのかも知らない。

知らないのに、学歴なんていらない とはやっぱり言えないですね・・・。

学歴に限らず何に対しても、

自分が経験していないのに、

それを経験している人のことを批判したり否定したりすることなどできません。

(例えて言うなら、大学に行っていない人が、大学なんて行っても意味がない、という発言など)


私はこのお父さんの気持ち、考え方に共感しました。

自分が経験したからこそ、子供には同じ思いをさせたくないという、

このお父さんの思いに。

学歴(勉強)は大切だというこのお父さんの価値観に、間違いも正解もないわけなので。



経験させてもらっている私(両方の立場)からも言わせてもらうと、

学歴云々ではなく、中学受験って本当に奥が深いなと思います。

ただただ過酷に勉強して、お金がかかっているだけではありません。

受験のおかげで得るものは本当に大きいです。

親子の絆 愛、などなど・・・その時はわからないけど、

終わってみるとやっぱり貴重な人生の体験になっていることがわかります。

ゴールはもちろん合格であってほしいけど、

たとえ不合格だとしても、手に入れるものは大きいのではないかなと。



また話はせっちゃんに戻りますが・・・(^_^;)、


このドラマのために書き下ろした今回のこのせっちゃんの新曲「遺伝」は、

当然ながら、親子間の無償の愛 がテーマです。


発売が楽しみ~♪♪♪

というか早く会いたいぞ~!(実はもう少しでライブ~)






応援して頂けると嬉しいです








洋服選びの参考になります♪

   


スポンサーサイト