こんな母親だけど、これでいいのだ! 

2017, 07. 10 (Mon) 17:08



これが当たり前、それが常識、こうじゃなきゃいけない、それが普通、などなど・・・・

そういう言葉が好きではない私。

むしろ、当たり前や常識の枠から何もかも外れまくって生きたいくらい。゚(゚^∀^゚)σ。゚

それができれば、今以上に自由になれてもっと生きやすくなるんだろうな・・・と感じます。



そんな私なので、

当然私の子育ても、世間の常識から少し外れていることが多いかもしれません。

子育てだって、こうじゃなきゃいけない!なんてものはないと思っています。

昔の私に言ってあげたいな、マニュアル通りの子育てなんてしなくていいんだよ、と。



長女が、「今日授業中ホント眠かったから寝てしまった~!!」などと言えば、

私は、「授業なんてそりゃ眠くなるって~、特に午後!見つからないように寝ないとね。

お母さんもよく寝てたわ。眠いなら寝ればいいじゃん、見つかっても知らないけど~(^_^;)」



授業中にお弁当を食べている子がいたという話の時も、

「ギャハハ~!お腹空くよね~。○ちゃんもこっそり食べたらいいじゃん、

見つかってもお母さん知らないけどね~。

まぁ先生から電話でもかかってくれば謝っとくわ♪」



スカートが膝より少し短いかなぁ・・・・・?と校則を気にして聞いてくれば、

「もっと短い方がかわいいって!逆にもう少し折れば?」と言ってみたり、

(下着が見えるかのような下品な短さを言っているわけではないですよ)



水泳やりたくない!水着とか嫌だ!と言えば、

「嫌ならそんなものやらなくていいよ、見学すれば?焼けるだけだし!」 

と、日焼けの心配をする親です、(笑)。

いやでもそれ大事だよ、何十年後の肌に必ず影響を及ぼすことなんだから!

でも成績が・・・・などと気にするので、

「それで体育の成績悪くなってもお母さんは怒らないよ、別に悪くてもいいじゃん」と。

まぁ子供にとってはそんな単純な問題ではないのだろうけど(^_^;)。


私は特に水泳に関しては、出なきゃダメでしょ!なんて絶対に言わない。

だって私も学生の時、水泳の授業は本当に嫌だったから(ー_ー)!!

日焼けもそうだけど、水着になりたくなかった。

思春期の女の子なので、

水着になりたくないと思うなら(少なくともうちの子はそう)、その気持ちは受け止めてあげたい。


ちなみに私は、小学校の水泳の時から

水泳は見学すれば??とずっと言い続けてきました(^_^;)。

いつからか日焼け止めが禁止になったので(日焼け止めがダメとかホント意味わからない)、

どうせ遊びのような授業なのに、肌を真っ赤にしてまでやる必要ないと




緩い考え、悪く言えば《いい加減!》と思われるかもしれませんが・・・・

私は自分の中学時代はどうだったかな・・・・と思い出しながら、

常に子供の気持ちに寄り添っているだけなんですよね。

あれダメこれダメ!ではなくて、子供目線になってみるというのを心がけてます。

押さえつけることだけは避けたい。


とは言っても、もちろん怒る時は鬼のように怒ります。!!

人としてどうなの?と思うことや、マナーなどに関しては特に口うるさく厳しく言っています。




学校生活、楽しいのが何より♪

中高なんて一番楽しい時期だと思うので、

友達と共にバカやってハメ外して楽しい思い出をたくさん作ってほしいなと思います。

(一応進学校なので、みんなやることはちゃんとやっている上でのことなので)



何より、学校での出来事を楽しそうに話してくれるというのは、

私にとっては本当に幸せなこと!


子供と一緒に今を楽しみたいと思っています(*^。^*)






応援して頂けると嬉しいです







洋服選びの参考になります♪

  






スポンサーサイト