FC2ブログ

我が家の保険が最低限で良い理由は・・・ 

2018, 02. 23 (Fri) 15:24



(昨日の続きになります)

よし、50万ね!と出費の覚悟を決めた私。

そうと決まれば先へ進もう!


念のため、我が家の入っている医療保障を確認してみたところ・・・・

安定の対象外(=∀=)。

そもそも今回は保険外医療なので関係ないか。

(我が家は保険は最低限しか入っていません、その理由は後で書きます)


ちなみに我が家の医療保障は、

かなりお得な掛け金で入らせてもらっている旦那の会社の団体保険です。

過去に2度ほどお世話になっています。

1回目は子供が小さい時に自転車で近所の車にぶつかり車を傷つけてしまった時。

物損対象として車の修理代が全額出ました。

2回目は旦那がスケートで転んで靭帯損傷した時(ったく、何やってんだよ!)。

この時は最終的に数万円程プラスになって戻ってきました。



そんな医療保障の他にふとあの存在を思い出し、それを確認してみました。

あの存在とは・・・

旦那の会社で加入している医療共済


そしたら嬉しいことに、その手術は見事に対象となっていました!


その医療共済は、月々400円代の掛け金で、

★差額ベッド代給付 (日額7000円以内を日数制限なく)

★先進医療給付 (1疾病100万円以内)

★高額保険外治療(1つの項目で100万円以内)

  ↑これに、レーザー椎間板減圧術PLDDが対象だったんです!

 (その他に、がん治療、人工受精、体外受精、顕微授精なども対象)


★補装具料給付 (人工肛門、人工膀胱、などなど)

★老齢介護、介護給付

★入院介助サービス給付

★在宅保健施設給付


などの給付があります。

同居しているなら祖父母も対象です。



というわけなので、

今回の旦那の手術は有難いことに実費とはなりませんでした。

こんな画期的な治療を無料で受けられることを本当に有難く思います。


我が家の保険が最低限で良い理由は、これがあるからです。

足りないものを補えばよいだけ。



そして先日無事手術を終えてきました。

一人で行き一人で帰ってきた旦那。

(付き添いもしない相変わらずの鬼嫁ぶり健在、笑)

予定通り次の日は仕事に行きました。

(仕事どころか次の日には普通に家事をやってくれるという(させるともいう))


日常生活になんの支障もない手術です。

あれから1か月以上経ちましたが、術後の経過は至って順調。

たった10分の手術で苦痛なヘルニアがなくなるなんて・・・・。

(もちろん個人差はあるそうです)


まだこの先3か月は診察でその度レントゲンを撮るそうなのですが、

もちろんその費用も負担なしです。

(手術代としてあとで戻ってきます)



そういうわけなので・・・・

最大限の恩恵を受けさせて頂いた我が家なのでありますo(^▽^)o








応援して頂けると嬉しいです







ここでたくさんの良書に出合いました♪




スポンサーサイト